関連法規ダイジェスト

[《戻る]   [《《一覧に戻る]
平成14年02月15日

「法人税基本通達等の一部改正について(法令解釈通達)」(圧縮記帳)

収用換地等の場合の所得の特別控除
<適格合併等により引継ぎを受けた特別勘定に係る圧縮記帳と5,000万円損金算入との適用関係(措通65の2-3の2新設)>
同一年に2以上の収用譲渡が行われた場合には、圧縮記帳と5,000万円損金算入とのいずれか一方の制度しか適用できないこととされている(措法65の2@)。
この場合、被合併法人等が行った収用譲渡に係る特別勘定につき適格合併等による引継ぎを受けて合併法人等が圧縮記帳を行ったときであっても、当該収用譲渡は被合併法人等が行ったものであることから、合併法人等が同一年において自ら行った他の収用譲渡については、5,000万円損金算入の適用を選択することができる。
課法2-1
課審4-25
管轄:国税庁

[関連記事]

イルテックスの「関係法規ダイジェスト」では、“物件管理に特化した総合法規集”の公開を目指します。
企業に存在する”物”の取扱に関して定められた国内法規、法令、会計基準などの制定経緯を更新して参ります。
※記載内容については株式会社イルテックスの解釈および編集によるものであり、実際の制定基準の内容と異なる場合がありますのでご容赦ください。
topへ ILTEX 会社概要 ILTEX 業務内容 ILTEX 製作理念