関連法規ダイジェスト

[《戻る]   [《《一覧に戻る]
平成30年03月23日

財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令

 企業会計基準委員会において、企業会計基準公開草案第60号「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正(案)」等を公表したことを受け、財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等について所要の改正を行うもの。
(税効果会計に関する注記)
第8条の12
2 繰延税金資産の算定に当たり繰延税金資産から控除された額(評価性引当額)がある場合には、次の各号に掲げる事項を前項第一号に掲げる事項に併せて注記しなければならない。
 一 当該評価性引当額
 二 当該評価性引当額に重要な変動が生じた場合には、その主な内容
3 第一項第一号に掲げる事項に繰越欠損金を記載する場合であって、当該繰越欠損金が重要であるときは、次の各号に掲げる事項を併せて注記しなければならない。
 一 繰越期限別の繰越欠損金に係る次に掲げる事項
  イ 繰越欠損金に法人税等の税率を乗じた額
  ロ 繰越欠損金に係る評価性引当額
  ハ 繰越欠損金に係る繰延税金資産の額
 二 繰越欠損金に係る重要な繰延税金資産を計上している場合は、当該繰延税金資産を回収することが可能と判断した主な理由
(投資その他の資産の範囲)
第31条 次に掲げる資産は、投資その他の資産に属するものとする。
 五 繰延税金資産
(固定負債の範囲)
第51条 社債、長期借入金、関係会社からの長期借入金、繰延税金負債、引当金及びその他の負債で流動負債に属しないものは、固定負債に属するものとする。
管轄:金融庁
平成30年3月23日施行

[関連記事]

イルテックスの「関係法規ダイジェスト」では、“物件管理に特化した総合法規集”の公開を目指します。
企業に存在する”物”の取扱に関して定められた国内法規、法令、会計基準などの制定経緯を更新して参ります。
※記載内容については株式会社イルテックスの解釈および編集によるものであり、実際の制定基準の内容と異なる場合がありますのでご容赦ください。
topへ ILTEX 会社概要 ILTEX 業務内容 ILTEX 製作理念